理事・管理

ゴミ捨て場で不法投棄が発覚! 監視カメラが有効って本当?

2020.09.01
ゴミ捨て場で不法投棄が発覚! 監視カメラが有効って本当?

ゴミ捨て場ではさまざまなトラブルが発生しますが、特に多いと言われるのが居住者以外の不法投棄。注意しようと思っても、誰が捨てたのかわからず、そのまま放置されてしまうことも少なくありません。

この記事では、そんな不法投棄を防ぐために監視カメラを設置するメリットや注意点について解説していきます。

誰がゴミを捨てたかわからない…だから監視カメラが役立つ!

多くの居住者が利用するマンションのゴミ捨て場は、管理規約のなかで一定のルールが定めらていることがほとんどでしょう。しかし、なかには収集日を守らなかったり、分別がされていなかったりとルールを破る人も少なくありません。収集日以外に生ゴミなどが捨てられていると、悪臭が発生したり、カラスなどの動物にあさられてしまったりする二次被害も考えられるでしょう。

こうした住民のマナー違反だけでなく、外部の人が原因で発生するトラブルもあります。例えばほとんどのマンションのゴミ捨て場では、居住者以外の利用を禁止しているかと思いますが、通行人や近所の住民が勝手にゴミを捨てていくことも考えられるでしょう。ゴミを見ただけでは、誰が捨てたのか当然わかりません。そこで、監視カメラの映像が役に立つ可能性があるのです。

不法投棄や犯罪の抑制効果も期待できる!

監視カメラでチェックされていることがわかれば、特定されることを恐れて、不法投棄しにくくなるという効果も期待できるかもしれません。

また監視カメラが設置されていると、マンションを狙った空き巣などへの防犯効果も期待できるでしょう。つまり監視カメラの設置によって、不法投棄者だけではなく、不審者への警告効果も生まれるわけです。

監視カメラを設置するときの注意点とは?

ここでは監視カメラを導入する際、注意したい点について紹介していきます。

【注意点1】住民の同意を得る必要がある

監視カメラを設置するためには、総会などを通じて居住者の同意を得なくてはいけません。日常生活の一部が録画・保存されることも含めて、住民に説明する必要があるでしょう。

また撮影データはプライベートな情報にもなるため、無断利用を禁止し、管理や開示方法などのルールも事前に決めておくと不要なトラブル回避につながります。

【注意点2】定期的なメンテナンスも必要となる

監視カメラは録画機能が常に作動している状態でないと、設置する意味がありません。定期的に撮影・保存はされているか、電池は十分かといった動作チェックを行う必要があるでしょう。

さらに監視カメラを運用する場合、カメラ本体だけでなく、周辺機器も必要です。映像を確認するためのモニターや、レコーダー、周辺機器をつなぐケーブルなども定期的なメンテナンスが必要といえるでしょう。

【注意点3】カメラがあることによる防犯意識のゆるみ

監視カメラは万能ではなく、強風で向きが変わってしまったり、建物の影に隠れて人物の映像が確認できなかったりといったことも発生する可能性があります。

そのため監視カメラがあるからといって油断することなく、施錠などの防犯意識が薄くならないように居住者へは周知を行っておきましょう。

監視カメラを運用するときの注意点

続いて、監視カメラを実際に運用していくときの注意点について紹介していきます。

【注意点1】撮影範囲は必要最低限にする

監視カメラの目的があくまでもゴミ捨て場の不法投棄対策であれば、プライベートを侵害しないような必要最小限の範囲の撮影にとどめるようにすると、居住者の理解も得やすいかもしれませんね。

【注意点2】監視カメラが作動していることを明示する

監視カメラの作動中は、周囲へ撮影していることを明示しておきましょう。「隠し撮りされた」と言われるなどの思わぬトラブルを未然に防ぐ狙いがあります。

また、自治体が監視カメラ設置のルールなどを定めていないか、事前に確認しておきましょう。

【注意点3】撮影データの保存期間を決めておく

監視カメラのデータは、必要以上に長期間残し続けないようにしましょう。記憶容量を圧迫するのはもちろん、録画データが外部に漏れてしまうリスクもあるためです。

一般的に録画データの保存期間は、1ヶ月程度で運用していることが多いようです。

監視カメラ以外の不法投棄対策とは?

とはいえ、住民の合意を得られずに監視カメラを設置できないケースもあります。では監視カメラ以外で、不法投棄を防ぐ方法はあるのか。以降でまとめてみました。

【対策1】利用時間以外は封鎖する

不法投棄の多くは、人目につきにくい夜間に行われるケースが多いといいます。そのためゴミ収集を行う午前中の時間帯以外は、ゴミ捨て場の利用を制限するのが有効かもしれません。

【対策2】センサー付きの照明などを設置する

センサーライト

夜間の不法投棄対策としては、人感センサー付きの照明を設置する方法もあります。不法投棄だけでなく、夜間の防犯対策としても有効といえるでしょう。

【対策3】日頃からゴミ捨て場を清潔に保つ

ゴミ捨て場が汚かったり、常にゴミが置いてある状態だったりすると「これぐらい捨てても問題ないだろう」という意識で、不法投棄を促すきっかけになる可能性があります。

どうせ汚れるからと何もしないのでなく、常に清潔に保っておくことが不法投棄の抑止力となるでしょう。

監視カメラは犯人特定だけでなく犯罪の抑止効果もある!

ゴミ捨て場に監視カメラを設置すると、不法投棄の犯人特定に役立つのはもちろん、空き巣などの犯罪を抑制する効果も望めます。居住者への周知を行ったうえで設置し、撮影データの開示や管理方法に関するルールも事前に定めておきましょう。

また監視カメラの設置が難しい場合でも、センサー付きの照明を設置したり利用時間を制限したりするなど、今回紹介した不法投棄対策をぜひ試してみてください。

この記事を誰かに知らせる/自分に送る

マンション暮らしに役立つ書籍を無料配布中!

  • 2020年マンション最新トレンド
  • みんなはどうしてる?マンション管理組合の取り組み事例集
  • 管理組合の方向けお役立ちノート

※画像はイメージです

TAGS関連するキーワード

MAGAZINEおすすめ連載

ついにやって来た!大規模修繕
理事会役員超入門
となりの管理組合
これで解決!マンション暮らしのトラブル
APARTMENT LIFE GUIDE BOOK
¥0

無料
ダウンロード

マンション居住者のお悩み解決バイブル!

『マンション暮らしのガイドブック』

最新マンショントレンドや理事会の知識など、
マンションで暮らす人の悩みや疑問を解決するガイドブック。
ここでしか手に入らない情報が盛りだくさん!

※画像はイメージです。実際のガイドブックとは異なる可能性があります。

LINE
OPENCHAT

ラインオープンチャットで
みんなに相談しよう!

無料配布中!

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「プライバシーポリシー」のページをご覧ください。