理事・管理

毎月支払う管理費の使い道とは? 相場や値下げ方法も分かる!

2020.03.16
毎月支払う管理費の使い道とは? 相場や値下げ方法も分かる!

マンションの管理組合は「管理費」を住民から納めてもらいますが、「何に使われるお金なの?」「値下げする方法はないの?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。

そこで今回は、管理費のそもそもの使い道や値下げ方法、さらに相場などもあわせて解説していきます。

マンションの日常的な維持・管理に使われるのが「管理費」

毎月支払っている管理費は一般的に、何に使われているのでしょうか。

そこから支払われる費用の多くを占めるのが、管理会社への業務委託費です。マンションでは日常的に共用部分の設備点検や清掃を行う必要がありますが、こういった業務は管理会社に委託することがほとんどです。入り口から玄関までの通路やエントランスホールなどの共用部分の日々の清掃は、一般的には住人の誰かが行うのではなく、管理会社から配属された清掃員が実施しています。

管理会社への支払いが大半を占めるため、管理費=業務委託費と捉える人もいるかもしれません。ですが、そのほかにも共用部分の水道光熱費や損害保険などの費用も管理費に含まれています。

ちなみに管理費と共益費は同じような意味合いで使われることが多く、どちらか一方が徴収される、もしくは「管理費・共益費」と並列して表記されていることがほとんどです。さらに分譲マンションでは、管理費に加えて建物などのある程度大きな規模の修理や修復のために積み立てておく「修繕積立金」も毎月支払う必要があります。なお補足ですが、マンションの購入では建物に消費税はかかりますが、毎月支払っていく管理費や修繕積立金にはかかりません。

気になる管理費の相場は?

記事画像

続いて、管理費の相場も見てみましょう。

国土交通省が行った調査によれば、1戸当たりの管理費の平均は1万5956円/月(2018年)となっています。なお同調査によると戸数の規模別に管理費の平均は異なり、20戸以下の場合の平均が1万9237円/月と最も高いです。つまり規模が小さいマンションほど、比較的管理費の平均が高い傾向にあるといえるでしょう。

さらに築年数によっては、1969年以前に建てられた建物は平均1万341円/月なのに対し、2015年以降では1万9897円/月となっています。一般的に修繕積立金の金額は古いマンションほど修繕する箇所が多くなるために、築浅の物件と比べると上昇する傾向にあります。しかし管理費の場合は、新しいマンションほど管理が必要な付帯設備が増えるために上昇していることが、要因として考えられるでしょう。

修繕積立金については国土交通省が適正価格の目安を定めていますが、管理費は管理会社の権限で比較的自由に金額を設定できるため、明確な適正価格は存在しません。ここまで紹介した数字もあくまでも平均値ですし、当然ですが管理会社のサービス内容などによって各マンションの管理費は異なります。

なお管理費は、国土交通省が定める「マンション標準管理規約(マンションの維持・管理に関して基本的なルールを示したもの)」内で「管理費などの金額については各所有者の共有持分(全住戸の専有面積に対して自分が所有する専有面積の割合)に応じて算出するもの」と記載されている通り、基本的に部屋の床面積の割合に応じて金額が上下します。

1 2

この記事を誰かに知らせる/自分に送る

マンション暮らしに役立つ書籍を無料配布中!

  • 2020年マンション最新トレンド
  • みんなはどうしてる?マンション管理組合の取り組み事例集
  • 管理組合の方向けお役立ちノート

※画像はイメージです

TAGS関連するキーワード

MAGAZINEおすすめ連載

ついにやって来た!大規模修繕
理事会役員超入門
となりの管理組合
これで解決!マンション暮らしのトラブル
APARTMENT LIFE GUIDE BOOK
¥0

無料
ダウンロード

マンション居住者のお悩み解決バイブル!

『マンション暮らしのガイドブック』

最新マンショントレンドや理事会の知識など、
マンションで暮らす人の悩みや疑問を解決するガイドブック。
ここでしか手に入らない情報が盛りだくさん!

※画像はイメージです。実際のガイドブックとは異なる可能性があります。

LINE
OPENCHAT

ラインオープンチャットで
みんなに相談しよう!

無料配布中!

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「プライバシーポリシー」のページをご覧ください。