暮らしの悩み

ゆとりのある駐車場に必要な寸法ってどのぐらい?

2020.03.16
ゆとりのある駐車場に必要な寸法ってどのぐらい?

マンションの駐車場を選ぶにあたって、気になるのが駐車するときにストレスを感じないサイズかどうか。幅、長さ、車路幅(駐車場内で車が通行するスペースの幅)のいずれもある程度の余裕がないと、使いづらいものになります。

ここでは駐車スペースの寸法を中心に、使いやすい駐車場の条件などを解説していきます。

まずは所有している車の大きさを知ろう!

必要な駐車スペースの寸法を把握する前に、まずは所有している車のサイズを把握しましょう。参考までに、一般的な車の大きさを以下に示します。

記事画像

注意したいのが、現在持っている車だけでなく将来欲しい車のサイズについても考えておくこと。将来、大型のワンボックス車などを購入する予定があるにも関わらず、現在所有している小型自動車しか駐められない広さの駐車場を選んでしまうと、車を買い換えたときに当然ですが駐車ができなくなります。

車1台を駐めるのに十分な広さとは?

では、車両の種類に関わらず、車1台を駐めるにはどれだけのスペースがあれば十分なのでしょうか? 

車1台当たりに必要な駐車スペースの目安は、幅2.5m×長さ5.0mで、車路幅は5.0m程度です。これは最低限必要なサイズであり、大型車でも余裕を持って駐められるようにするなら、幅3.0m×長さ5.5m程度は必要です。逆に軽自動車の場合は、幅2.28m×長さ3.6m程度あればよいといえるでしょう。

必要な駐車スペースは車のサイズによっても変わるわけですが、駐車スペースを確保するときはできる限りサイズに余裕を持たせ、利用時のストレスを軽減したいところ。

スペースに余裕がないと、ドアを開けるときに隣の車にぶつけそうになったり何回も切り返しをしないと車庫入れできなかったりなど、駐車場を使用することそのものが苦痛になりかねません。

なお、各駐車場を区切る白線の幅については、大体5cm~10cmが一般的です。駐車場用の白線テープの種類を見ても、5cmか10cmのものがほとんど。そのため、前述した目安だけでなく、白線の幅も加味したうえで駐車に必要なスペースを考えてみましょう。

車の駐め方で必要な駐車スペースの寸法が変わることも

記事画像

車の駐め方によっては、確保すべき駐車スペースの寸法が変わる場合もあります。

まず駐車場の駐め方は主に「直角駐車」「並列駐車」「縦列駐車」の3つに分類されます。

道路と直角方向に駐車する「直角駐車」は、前面道路の幅が4m以上、車の左右には合計90cm以上のスペースが必要です。

次に道路と平行に駐車する「並列駐車」は前面道路の幅が狭くても設置できるものの、車の長さの倍以上の入口と、直角駐車と同様に左右合計90cm以上のスペースを確保しておきましょう。

そして「縦列駐車」に関しては、車両の長さの1.5倍分の駐車スペースが必要とされています。ただ、1.5倍というのはバックで駐車する場合で、前進して駐車する必要がある場合は車両の長さの3倍ほどのスペースが必要になります。あわせて余裕をもってドアの開閉ができるように、横幅のスペースも確保しておきたいところです。

1 2

この記事を誰かに知らせる/自分に送る

TAGS関連するキーワード

MAGAZINEおすすめ連載

ついにやって来た!大規模修繕
理事会役員超入門
となりの管理組合
マンション管理最前線
これで解決!マンション暮らしのトラブル
APARTMENT LIFE GUIDE BOOK
¥0

無料
ダウンロード

マンション居住者のお悩み解決バイブル!

『マンション暮らしのガイドブック』

最新マンショントレンドや理事会の知識など、
マンションで暮らす人の悩みや疑問を解決するガイドブック。
ここでしか手に入らない情報が盛りだくさん!

※画像はイメージです。実際のガイドブックとは異なる可能性があります。

OFFICIAL
LINE

役立つセミナー情報や
最新記事をお届けします。

OFFICIAL LINE QRコード
無料配布中!

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については「プライバシーポリシー」のページをご覧ください。